冬休みを遊んで過ごす教員は無能だということ | t-labo(中学校教師の支援サイト)

冬休みを遊んで過ごす教員は無能だということ

冬休みに入りました
みなさんは勤務中は何をして過ごしますか?



私は遊んで過ごすのは無能な教員のやることだと強く言いたいのです
遊んで過ごすとは何かといえば、

・部活動の指導に専念する
・昼食を外に食べに行く
・ダラダラはずっと同僚と話をする
・何をしていいのか、さっぱりとわからない

といったものです
どこが遊んでいる? と思うでしょうけども、生産性がまったくないんです
部活動を入れることに対してあなたは憤慨すると思います




でも、それで一体何の校務が進みますか?
ってことであり、部活動を指導しても何もならないと私は考えています

冬休みって何のためにあるかといえば、あなたがダラダラ過ごすためじゃなくて、仕事をするためにあります
それなのに仕事をしないって罪深いというか、

能力が伸びません

ここにあります
能力をどんどん磨き上げていかないと生徒たちに通用しなくなってしまいます
そうした視点で物事を考えられない、実行できないということは、嘆くべきことです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります