部活動なんてやって何になるのか、真剣に考えたほうがいい | t-labo(中学校教師の支援サイト)

部活動なんてやって何になるのか、真剣に考えたほうがいい

中学校に部活動はなぜあるのか、ブラック残業のためにあるのか

ここはいろんな解釈がありますが、私の見解としては、部活動なんてやってもほとんど意味がない、というものです



反論がたくさん聞こえてきそうですが・・・。
まず考えないといけないのは、教員のサービス残業、ブラック勤務の元だということです
まさしく諸悪の根源

それを平気で「部活動は必要です!」なんて言われたら、おかしいとしかいいようがありません
部活動に対して明確で、きちんとした水準の給料が払われるのであれば、一考の価値は当然あります
そんな日は一生来ないでしょう・・・財源がありませんから


さて、生徒の方ですが、部活動で追い込んだとしても、将来の仕事には全く繋がりません
せいぜい、高校、大学の進学に使えるくらいであり、途方も無いほどに部活動に時間を取られてしまって、どうなるか・・・

社会で必要とされる、評価される勉強がおろそかになるだけ

です





みんな1日24時間しかないのですから、体力をすり減らす部活動に時間を割けば、その生徒たちは残った時間で勉強ではなくてスマホで遊ぶだけです
さらに指導者がろくな人間教育をしなかったらどうなるでしょうか?

勉強から逃げて、性格も考え方もろくでもない人間の出来上がりです

それが現在、多くの場所でされている部活動でしょう
言いすぎかもしれませんが、似たり寄ったりの状況はあるでしょうし、例外もあるでしょう

ただ、それを一教員で、さらにド素人の教員が熱心にやるべきかといえば、やはりノーではありませんか?

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります