あなたのやっていることは、本当に物事をよくしていっているのか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたのやっていることは、本当に物事をよくしていっているのか?

あなたが教員としてやっていることは、本当に良い方向に進ませているのだろうか?
このことについて考えてみたいと思います



うまくいかない人は相変わらずいます
私はその人が「うまくいかないことをやっているから、うまくいかない」のだと考えています

どういうことかといえば、「嫌がらせを放置している」から、学級がどんどん壊れていく。
当然の結果です
しかし、当の担任はそんなことをお構いなく、別のことをやっているのです

生徒指導をするにしても、生徒が納得行かないと感情的になり、反発しているのにもかかわらず、そのまま進めていって、生徒の意見も聞かずにそのまま指導を終了してしまう
生徒との人間関係はこわれていくし、物事もうまくいかないのは当然です

教員からすると、「担任をしないといけないからやっている」「その生徒が悪いことをしたから指導している」わけです
ここに「物事を良くする」という発想はありません
物事を良くするというのであれば、生徒が良くなることが学級を良くすることだと理解するはずです




でも、理解されません
なぜなら、生徒を良くする、物事を良くする方向に考えていないからです
その人たちの意識は「仕事だからやらないといけない」しかないのです

あなたは反発するでしょう
でも、事実、生徒たちを良くするために粘る、温かい言葉をかけ続けるといったことはやりません
その場、その場を乗り切ることしか考えません

なぜなら、先のことは全く考えていないからです
あなたの体質改善ができるように、もう少し詳しく以下に書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります