電話対応でガンガン責め立てるのは危険。 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

電話対応でガンガン責め立てるのは危険。

みなさん、こんにちは。tetraです。
今回も電話対応を発端とした記事になります。


電話でガンガン生徒を責めるって、やりますか?


ぼくてきにはNGです。
責めるなら、学校に呼んでからですね 笑



そもそもコミュニケーションの大事な要素は、「相手の表情やしぐさ」なんです。

電話ではそれが見えません。
メールでも同じです。(だからトラブルになる)


ここを考えたら、あなたが電話で生徒に説教をしたとしても、相手がちゃんとその通りに受け取っているかは不明です。
言葉で解釈して、勘違い、曲解することもあります。

また、相手の表情もわからないので、こちらの意図が伝わったかもわからない。




となると、大事な話は電話でしないこと。だから、生徒指導の時に家庭訪問なり、学校に呼び出すのが有効になるのです。

こうしたちょっとしたことが、うまくいくかどうかの境目になるんじゃないかと思います。
ですから、冒頭の話に戻すと、言いたいことは学校に来てから言う。

それまでは責めてはいけませんね。