言うのは簡単だが、やるのは困難。それが教員であり、学級経営です | t-labo(中学校教師の支援サイト)

言うのは簡単だが、やるのは困難。それが教員であり、学級経営です

授業や学級経営に関して学級の私語や問題行動について、担任未経験の若手教員にあれこれと話をしているときに、若手教員がこんな感想を言うわけです

「それって生徒を注意すればいいだけなのに。私なら注意する」

と。
あなたもそう思いますか?



私が「注意する」というときと、その若手教員が注意するという意味は全く違います
何が違うのかといえば、「注意しても生徒は聞かない前提がない」のです

なぜ、うまくいかない教員が発生するのか、それは単純に「注意しても生徒は聞かないから」に尽きるのです
私はそのことを熟知していますが、若手教員は知らないから「そんな当たり前のことができないなんて終わってる」と考えるんですよね

もちろん、私は注意をします
した途端に、パンドラの箱が開くように「戦いが始まる」のです
私は知っています




しかし、若手教員はそんなことを知りません
若手教員は反発される覚悟もその準備もないので、一気に翻弄され、さらには生徒に嫌われて、学級経営がうまくいかなくなるでしょう
この流れを知らないのです

だから、安易に「注意すればいいだけ」と考えてしまいます
私は経験的に知っているので「注意したあとの反論などを想定して、何を話すのか」を考えています

言うのは簡単だけど、するのは難しいのです
当たり前だけど、この考え方があるか、ないかで想定が変わってくるので落とし穴にはお気をつけください

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります