すべては生徒を成長させることによって、教員の仕事は楽に楽しくなる | t-labo(中学校教師の支援サイト)

すべては生徒を成長させることによって、教員の仕事は楽に楽しくなる

教員はブラックで残業ばかりで、しかもクレーム産業だ・・・

と言われるかもしれませんが、全員が全員、そういう状況ではないのです
楽しく過ごしているという人もきちんといるのが現実です



そのコツは単純明快で

あなたが生徒を成長させるかどうか

にかかっているということなんです
それだけです

具体的にどういうことかというと、生徒が他の生徒のことをバカにしたり、嫌がらせをしたりするのは、幼稚な証であり、精神的に未熟なのです
その生徒の成長にフォーカスしないと、その生徒はひたすらに問題を起こすだけになり、あなたは問題対応に追われることになります





成長させることができる担任は、その生徒のことを成長させます
そうすると、嫌がらせを行わなくなり、学級は平穏になります

たった、この差です

たったと書いてしまいましたが、差が明確にあるのは事実で、ここには大きな差があります
ただ、何が大事なのかを意識するか、しないかではあなたのやることには大きな差ができます
そもそも「担任って何をすればいいの?」って人は多いんじゃないかなと思うんですよね

生徒たちが学級で嫌がらせを行わなくなると、本当に学級をが清々しくなるし、「こんなに心穏やかに過ごせるなんて」と思えます
驚くことが増えるでしょうし、楽しくなります
こうした環境を目指していけば、残業が多少あったとしても、全然苦にならなくなるし、毎日が楽しく充実してきます

一番の問題は・・・

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります