クラブ指導で生徒が反発する、という方に | t-labo(中学校教師の支援サイト)

クラブ指導で生徒が反発する、という方に

クラブのことを記事にするたびに「やめろ」と書いてしまいますが、現実問題としてそうはいかないということは多くあります
その中で、一番の問題は「生徒たちの反発」ではないかなと思います



基本的には、あなたの方が圧倒的に技量が高ければ、生徒たちはあなたに反発をしないし、一目を置きます
それをキープできれば、言うことはありません

しかし、あなたの経験がない、もくしは浅い、生徒よりは少し上だというときには、反発が起きやすいのです
生徒からすると「なんでこいつの言うことを聞かないといけないのか!」と思うからです
特に、あなたの経験があり、さらには「俺のほうが上」とあなたが思っているときには、反発は顕著かもしれません

それはなぜかといえば、生徒からするとそうした客観的なものはみえにくいから、圧倒的な差がない限り「負けた!」とは思わないのです
「同レベル」と思うからこそ、生徒たちはあなたを軽視します





こうした土壌があるときに、さらにまずいのはあなたの態度です
「俺の言うことを聞け!」という態度は対立を生みます
生徒たちはあなたのことを同列に扱っているため、あなたからの一方的な意見を受け付けるのは難しいからです

ここに反発を生まれます

どうすればいいのかといえば、やはり人間関係になります
ここからスタートです
以下に詳しく書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります