tetra塾はDMMオンラインに移行しました! | t-labo(中学校教師の支援サイト)

tetra塾はDMMオンラインに移行しました!

2018年12月31日をもちましてSynapseのサービスが終了したので、1月1日よりtetra塾はDMMオンラインに移行しました



塾生さんはDMMへ移行の手続きが必要なため、12月31日を機に卒業という方も多くおられました
(移行されなかった方は、ブログのユーザー登録を削除させていただきました)

勘違いしてほしくないのは、移行しないイコール敵と考えては全くいないということだけ
「去る者追わず」の精神でやっていますので、今の自分に合わない、考え方が合わないと思えばやめたらいいんです


同様に、今必要だと思ったタイミングで入会すればいいのです
ですので、DMMで新規入会される方もおられます

何をどう決断するのか、それは私の人生ではなくて、みなさんの人生なのでみなさんが考えるべきですし、その意志を尊重します
いいなと思ったら利用して、だめなら利用しない、シンプルです





少しtetra塾の話を書きます

tetra塾は教員力をつけることをメインテーマとしてやっています
毎週のテーマを設定して、そのテーマに沿って平日5日間記事を投稿します
私の意図としては、毎日の投稿を読んで、それを実践していく、今までの実践を振り返って評価する、ということをやってほしいのです

読んでおしまいでは意味がありません
実践が伴うからこそ、知識が経験になっていくのです
体感的に学んでいく必要があります

こうしたサイクルを作りたいなと思っています


それと日々の投稿に関して質問が可能です
私の視点からになりますが、返信しています
それが厳しいのかな・・・と反省することが多いのですが、ごまかしても仕方ないわけですから、優しく書いているつもりです




例えば「嫌がらせがあるけど、それを生徒のせいですから」と書かれてあれば、「嫌がらせはすぐに撲滅しないとだめですよ」と書きます
これが人格攻撃、個人攻撃、強烈なダメ出しになっているのかなと思います・・・。
申し訳ない限りです

よくよく考えてみると、職場ではこうやって教えてもらえることってそんなにないかも・・・って最近思うんですよね
ですから、実際にあったことのない私から、ズバッと書かれると「痛い」のかな・・・
そういうものだと思います

が、結局、職員室ではだめなことさえも「だめ」と教えてもらえないのは教員としては痛いことであり、痛みの根治をせずに放置することになりますので、まずい結果を生み出します
だとしても、ダメ出しをくらいたくない・・・
この辺が難しいところだなと思います


まずいことはやめていく、良いことに変えていく

これが基本だとみんな思っているんでしょうけど、それを直視しろと言われるとやはり嫌なものなんでしょうね
この辺が私が最も葛藤するところです





こうした難しい部分をどうやって改善していくか、それがtetra塾を運営していく上での課題だなと思っています
私ももっともっと努力しないといけません

tetra塾に入れば何でも解決できるわけじゃないのはもちろんなのですが、それでも力を少しでもつけていける場になればと思っています
有料であるので、ハードルが高いと思われている方も多いです
それでも本気で学びたいという方を募集しています

ご縁がある方をお待ちしています