生徒指導を通して問題生徒を成長させるとは何か? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒指導を通して問題生徒を成長させるとは何か?

タイトルにある通り、

生徒指導を通して問題生徒を成長させる

ということが、教員にとっては極意になるし、これができないと教員として未熟としかいいようがありません
この正体は一体何でしょうか?



多くのケースでは、生徒指導を行うと問題生徒との人間関係が悪化して、成長させるってなんの話? というレベルになりますね
このため、「生徒指導」と「生徒の成長」が別次元の話になり、物事がうまく回らなくなります
しかも、多くの場合、問題生徒とは生徒指導のときにしかかかわらないため、ますます関係悪化が望めます

そんな中で私が提案するのは、生徒指導&生徒の成長を両立させる方法です

嘘みたいな話ですが、実際のところ、うまくいく教員はみんな使っている方法であります
ですから、あなたの学校でも行われています
あなたはできますか?




さて、どういうふうに捉えていけばいいのか、初級編としては、

生徒指導は問題を解決すること

ですよね
そもそも論として、あなたの生徒指導が問題解決できてないとしたらどうしますか?
おそらく多くの人がここで引っかかっています

だから、生徒が成長しないのです
この問題を解決するについては、以下に書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります