生徒からの人気を気にしてはいけない理由 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒からの人気を気にしてはいけない理由

あなたは生徒からの人気を気にしていますか?
それとも気にしていませんか?

私は今回、矛盾するような記事「生徒からの人気を気にしたほうがいい理由」も書こうと思っています



物事を二元論のように考えると難しいという側面と、そう考えたほうがいい側面があります
今回は二元論のように生徒からの人気をどう考えるかについて考えてみます

生徒からの人気をあなたは気にしますか?

おそらく気にしているでしょう
気にしないといったとしても、生徒が陰口、不満、文句などを言っていると聞けば、いい気持ちがしません
当然だと思います

この人気を何と考えるかはさておき、気にし始めると若手教員はとにかく「生徒のご機嫌取り」をし始めるのです
歴史的な真実です

なぜ若手がそういうことばかりするのかといえば、入ってきたときに若いから人気があったからです
若さは異常な人気を生みます
異常な人気は必ず下がる




落ち目を経験しないといけないのです
それに抵抗したくなるのが、若手教員の宿命であり、つい人気取りに走ってしまう
そうなってしまうと、生徒のわがままを許してしまうになります

なぜか、教員経験が浅いからです
人気を気にするあまり、生徒を制御できなくなるんですね

以下で「人気」というものを掘り下げてみたいと思います

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります