どうやって教師としてのぶれない基準を持てるのだと思いますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

どうやって教師としてのぶれない基準を持てるのだと思いますか?

今回の質問は、以下のものです

いつも拝読しております。
集団を統率する時の基準について、いつも悩んでいます。
自分の持っている基準は緩いのでは?と感じます。

ある教員は、例えば、入学後の4月の身体計測の時にも、「絶対に一切しゃべるな!」と言い、一言でも喋っている生徒を見つけたら、怒鳴ります。
それで生徒たちは静かにしているのですが、私は「そこまで厳しく指導しなくても良いのでは?」と思ってしまいます。
なぜかというと、生徒たちは軍隊ではないからです。

右と言えば右向く、という生徒を育てるのは、ただ命令に従う生徒を育てているだけのように感じるのです。
ある教員は、授業中に生徒が挙手する時には手をまっすぐ伸ばすように指導しています。
私は、それについても厳しすぎると感じています。

まっすぐに伸ばさなくても教師から見えればいいのでは?と思っています。
生徒だっていつもいつもまっすぐ伸ばしていては疲れるのでは・・?と思ってしまいます。
ある教員は、上靴のかかとを踏んでいる生徒にかかとを踏むな、と指導します。

しかし私は、かかとを踏んでいても本人がそれで歩きやすいと感じるのであれば、それで良いと思います。
制服の着方、靴の履き方は基本的には個人の問題であり(スカート丈のようにきちんとしたルールがあれば指導しますが、かかとを踏まないというルールはない)そこまで介入すべきことではないと考えています。
私の基準は緩いのだとは思います。

しかし、今回の記事に書かれていたことはもっとも、だとも思います。
私は毎年、基準がぶれてしまい、後半にはクラスが緩くなっているのも事実です。
なぜなら、教師としての基準を持たないといけない、と思う自分と、自分がこれまで生きてきた経験(高校時代に厳しすぎる体罰担任に反発を抱いていた)から作った基準とはずれていて、無理して教師としての基準を作って生徒に言っても1年間徹底できないのです。

例えば、帰りの会で一言くらい喋っている生徒がいても、今日は一日疲れただろうし、多少喋ってもいいのでは?と思ってしまいます。
例えば、教師に敬語で話さない生徒に対しても、敬語で話せ!とは全く思いません。
私は、失礼な言い方でさえなければ、丁寧語を使われなくてもコミュニケーションをとることの方が大切だと考えているからです。

私が心から思っていないことに関してはブレます。
どうやって教師としてのぶれない基準を持てるのだと思いますか?




いつもありがとうございます
そんな方に厳しい言葉をかけるのは気が引けますが、書きます

そもそも考えてもらいたいのは、「教育の目的はなんですか?」「あなたはなぜ給料をもらえているのですか?」

学校はあなたの趣味でやっているところでないんですから、厳しくしたくない、敬語を使えない、靴もまともにはかない、人が話しているときに平気で話すような人に育てたいなら自分の子どもにやってください
公教育であり、保護者が聞けば怒ります
あなたになんて預けたくないでしょう

うまくいかない教員はなぜうまくいかないのかといえば、基準が曖昧、言い換えるなら、すべてが自分中心だからです
自分を基準に置くと、気分ですべてやってしまうことになります




今回頂いた例をもとに考えるなら、

・手で雑巾がけをするのは面倒だから、足で雑巾をかけるのを許すのか?
・教員が話をしているときに疲れているだろうから、私語を許すのか?
・ちょっと嫌なことがあったから、他人に嫌がらせをするのを許すのか?


これらのことすべてを、担任であるあなたの基準1つで、気持ち1つで良い・悪いを決めるわけですから、恐ろしいものです
独りよがりであり、プロの仕事でありません

学級に安心安全をもたらすこと、人として成長させること、それにフォーカスしてください
ここを中心に持てば見えてくるはずです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります