しない選択肢をどんどん増やそう | t-labo(中学校教師の支援サイト)

しない選択肢をどんどん増やそう

することを選んだら、何を減らすことを考える

これが必要な発想となります
なぜなら、入れるばかりでは倉庫はいっぱいになるからです



教員の仕事で残業が減らないのはまさしくこうしたことの積み重ねです
学校に文化として蔓延しているので、絶対に残業はなくなりません
管理職は、残業は悪ではなくて、「誇るべきもの」と考えているのです

ですから、何かが捨てること、しないことを増やしていく必要があります
当たり前の発想ではあるんですが、あなたはできていますか?





もっというと、勤務時間ぎりぎりまで仕事をしないでいいような量に調節する、もっと余裕がある仕事量に調節することです
そのために、まずはあなたの仕事を減らすことから始めるべきなんですね
なんでもやればいいわけじゃない

この発想を持ち続けなければ、今後も労働改善なんて行われません
もしかして、上から何かが降ってきて、ある日突然、残業が0になると思っていませんか?

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります