授業中に目配せをした生徒にどういう指導をしますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

授業中に目配せをした生徒にどういう指導をしますか?

今回の質問は、以下のものです

電子書籍を三冊購入し読ませていただきました。
大変勉強になります。
生徒指導について質問をさせてください。

次のようなことがあった場合、どのような指導をされますか。
担任しているクラスもしくは授業担当のクラスで、女子の目配せ、があった場合です。
例えば、 授業中にあるいじめられ傾向生徒を指名しました。

答えた内容が間違っているまたは合っているけれど声が小さかったなどがあり、後ろの席の女子がどの女子に対してか分かりませんが明らかに目配せをしました。
推測ですが、目配せの意味は、「発表内容やっぱり下手だね」といった感じのことかと思います。
そういった場合、どのような指導をされますか?

私は、その女子が目配せをしたのは確実に見たのですが、本人(いじめられ傾向の指名された女子)が気づいていないことから、このことを表面化させると余計にいじめられ傾向女子の負担になってしまう(私はやはり嫌われている、と気づかせてしまう。)、そして、いじめられ傾向女子をバカにしている女子たちが確実にいるということをクラスの他の生徒たちに知れてしまうのは良くないと考えました。(同調してしまう生徒を増やすかもしれないという恐れです)
だから目配せがあった直後は何もせず、授業が終わる前に話しをしました。




「今日の授業では、私は嫌な雰囲気を感じた。私の思い違いなら申し訳ないけれど、私の目には明らかにある人を馬鹿にしているように見えたことをした人がいた。今の話が自分と関係ある、と思った人は、これからはこのようなことがないようにしてほしい。」と。
もっとはっきりと言うべきですかね?

私は教室内で特定の生徒を名指しして話をすることをいつも避けています。
それは、いじめられ傾向の生徒がいじめられているという認識をクラスの生徒たちに持たせないためです。
またいじめられ傾向生徒本人もクラス全体の前で名前を言われる、もしくは、自分のことを話題にさされることは、自分が嫌われているということを表面化させることなので嫌だと思うからです。

例えば、先ほどの例だと、こういうことは私は避けます。

避けるだろう指導: いじめられ傾向生徒が指名され発表した直後に、「B(目配せした人)さん、何かあった?」と言うと、いじめられ傾向生徒に対して何かをしたのだな、と周りにも気づかせてしまうのでそのタイミングではやりません。
誰に対してその行為があったのか分からないタイミングで言います。

二回目に同じことが起これば、私は、目配せをした本人に授業後にさらっと個別に「Aさんに対して何か感じてることがあるのかな?」と問います。
「何もない」と言われれば、「そうなのね。」で終えると思います。
このことは担任ではないクラスで起こったことです。

もしも自分の担任クラスで起こったのなら、授業終わりに全体に話をした後、目配せをした本人に話を聞くと思います。
tetra先生は、いじめられ傾向生徒に対して嫌な雰囲気が授業であったとき、その生徒のことだと分かるような話し方でクラス全体の場で話しますか?
tetra式生徒指導の実践の、田村先生と坂田さんの部分を読んで、自分の過去の生徒指導について思い出しまし、質問をしています。




目配せで実害が生じたかどうか、そもそも本当にその生徒がターゲットだったのか
それは普段のことがわからないのでなんともいい難いところではありますが、はっきりしないし、被害もなさそうなら私はスルーします
授業担であるので、担任に報告はもちろんします

この手のケースで指導をしてしまうと、本当かどうかわからないので、指導のしようがないし、人間関係にも影響を出しそうです
何もなかったのに疑うわけですから
全体の指導にしてもしないかなと思います

あからさまに笑い出すなど、本当に教室の空気を悪くするような言動があったときには、当然、その場で名指しで指導します
あとで話をすると、そういう卑怯な生徒には効果がないし、シラを切られることもありますので
それと、後で話をするやり方は消極的で、生徒に対峙できない教員がやる手であり、生徒から舐められることにも繋がりかねません

何でも騒ぎ立てればいいというわけでもないのですが、必要なこときちんという・するというスタンスは、普段から見せる必要があるなと思います
全体へのぼやかした話は、あまり効果がありません
問題生徒はよく話を聞いていないし、論点がわからないから、少なくとも「目配せをするな」とはっきりと言わないと難しいです




まあ、、、そんなことより、私の疑問点はとにかく


なぜ「いじめられ傾向生徒」と表現されるのかです


不思議で仕方ないのですが、そもそもの目配せがある、それに気づく、というか質問者自身が「あの子はいじめられやすい」という認識を持ち警戒をしていたわけで、これって現在も嫌がらせが進行中なのかな・・・? としか思えないのですよね
その生徒の目配せで指導したいという思いが沸くわけですから、それはイコールで日常的に嫌がらせ、馬鹿にするなどが横行していると言えるのでしょうね

この辺はまったくわからないところですから、なんとも言えませんが
目配せは1つの証拠として、その生徒がいじめられているのならさっさと指導すればいいのにな、その方が被害生徒も幸せだろうなと思います
きちんと指導をすれば、その目配せさえなくなるわけですから、どうしてしないのでしょうか?

もしも、指導をしている前提であるなら、加害生徒たちが目配せしたわけですから、授業後にきちんと押さえをして、放課後に指導です

申し訳ないのですが、、、この辺が妙に引っかかります
目配せうんぬんを気にしている状況ではないと思います

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります