組織の歯車としてどうするか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

組織の歯車としてどうするか?

教員は組織人であり、常に組織の歯車としてどうやって動くのかを考える必要があります



私の組織人としての考えていることは、みんなが楽しく仕事ができることです
困っている人がいたら助ける、色んな人に話しかける、というのが基本です

そうやってみんなが少しでも楽しくなり、お互いを責めることがなくなればこんなにハッピーなことはありません
同僚は敵ではなくて、味方なのです
私はそうやって組織を回していきます

では、あなたは組織人として何をしていますか?




常に受け身だという人は危険です
何もしていない、むしろ、「動かない歯車」になっている可能性があります
組織に対して何もしないこと、それが罪なのです

あなたに能力がないのであるなら、「なんでもやります」と周囲に宣言してください
そうやって仕事を振られたらどんどんやりこなしていくことです
それが歯車を回していくことです

常に意識をしてください
私のもう1つの歯車回しを以下に紹介します

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります