勉強ができないから授業で騒ぐ。だから、あなたがするべきことは | t-labo(中学校教師の支援サイト)

勉強ができないから授業で騒ぐ。だから、あなたがするべきことは

授業妨害をする生徒はどうして妨害するのか?

考えたことはありますか?
考えるだけ無駄ですか?



授業妨害をする生徒は、単純に「授業がわからない」というのが大きいです
あとは「多動」「注意欠陥」が大きく影響しています
それを言っても何もならないというのが、あなたの見解だと思います

確かにそうかもしれませんが、そこで思考停止をしてしまうのは恐ろしいと思うんですよね
「あいつは授業がわからないから騒いでいる。仕方のないやつだ」と言うのは簡単

でも問題なのは、それで何も解決しないことなんですね

あなたが思考停止して、その生徒を「悪」だと決めた瞬間に物事は進まなくなるのです
進まなくなることで、生徒との人間関係は悪くなってしまい、修復不可能なところにいきます




同じことは色んなところであると思います
思考停止してしまえば終わりなんです
「原因があるんじゃないか」と考える続けること、それこそが教員にとって大事なことです

うまくいかない教員は何も考えません
驚くくらいです
授業が崩壊してしまっても自分が悪いとは考えずに、生徒が悪い、生徒がクズだとして思考停止に陥ります

学級で見た継続的な嫌がらせも何も考えない
だから、物事は悪化していく、そうやって考えないといけません

冒頭の話題に立ち返っていきますと、

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります