良い学級経営は、生徒のためではなくて、教員のためという視点で考えよう | t-labo(中学校教師の支援サイト)

良い学級経営は、生徒のためではなくて、教員のためという視点で考えよう

学級経営を教員の仕事の中心におかない、というのは私にとっては考えられません
そのくらい本質的に大事なんです



なぜかというと、生徒のためではなくて、自分自身のためだと思うからです
良い学級経営をすれば「生徒指導が少なくて済む」「毎日のストレスが少ない」「担任として評価される」「保護者などから評価される」といった教員としてのメリットが盛りだくさんだからです

逆に学級がうまくいっていないと最悪です
少なくとも上記のことの逆が起こるわけですから、毎日がストレスまみれなんです
ですから、良い学級経営をするということは、自分のためなんです

あなたが教材研究を熱心にするのと同じくらい、いや、それ以上に学級経営に力を入れましょう
そもそも、この「学級経営に力を入れる」という意味がわかっていない人は多いなと思います






学級通信をたくさん出す

と思った人は最悪
間違った学級経営をやっています

では、良い学級経営とは一体何なのかについては、以下に書いて置きます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります