私学は大変です。コメントをいただいたので雑感を | t-labo(中学校教師の支援サイト)

私学は大変です。コメントをいただいたので雑感を

みなさん、こんにちは。tetraです。

今回は私立学校で勤務を始めた方からコメントをいただいたので、記事にします。

・生徒が「◯◯をやめさせた」などと偉そうなこと
・そんな調子に乗った生徒を指導する空気がない
・教員間の雰囲気や関係が悪いこと
・教師が突如として辞めていくような環境


ということで、働きにくい実態があるとのことです。
ぼく自身、公立中学校の教師ですので、私学の実態は詳細にはわかりません。
何名か私立学校に務めた人の話を聞いたことがあるので、そのことを元に書いてみます。



最初に抑えておくべきことは、「私立学校によって千差万別」であること。

私立は入試がありますから、設定学力に応じた生徒が集まってきます。
やはり学力が低い学校は生徒指導も苦しいでしょう。

ですので、私立学校を選ぶ段階で「学力」は大事な基準になると思います。


先輩から聞いたのは、「OBが幅を利かせいてる」ってことです。
どうも出身者が教師として帰ってくることがあり、出身な分、先輩であり立場や態度が大きくなるようです。
出身者ではない時には、ちょっと違和感があるかもしれません。

私立学校はグループ学校がなければ転勤がないので、人間関係が一生変わらないので、合わない教師がいた場合は最悪ですし、その職場になじめない場合も苦しみます。




では、なぜ私学に先輩たちは就職したのか・・・というと「教員採用試験に合格できないから」です。
もしくは、そうやって「試験で試されたくない」「何年も受けたくない」と言うからですね。

その結果、試験がない(語弊がありますが)私立は魅力的なんですよね。
でも数年経つと「試験を受ける」ということを口にしていました。


ただ・・・こういうことを言ってはなんですが、「試験に受からない・ないから私立」と考える人は教師力は低いんですよね。
だから、公立であれ、私立であれ通用するわけではないと思うんです。
公立に行けば「私立にしておけばよかった」ってね。

つまり、消去法的にしか選べないってのは実力不足であり、伸ばさないと意味がないんです。
自分ってそんなに万能なんですか?


ってことですよ。


公立の人間からしたら、「私立はクビにできるからいい」「脅しが効く」などと考えますが、生徒からの学費で成り立っているので、そんなに楽なものではないのかもしれません。
私立は私立の苦労があります。



さて、コメントを頂いた方に送りたいのは、

その私立学校にこだわりがなければよその学校(公立を含む)への転職をするか、実力をつけてそこで定番となるかだと思います。
ただ、人間関係がダメ、助けてくれない環境で実力をつけようと思うのはとても困難なことです。


この辺のバランス次第だと思います。
見切りをつけいる段階なら、もう無難に勤務して、来年度の公立の常勤講師に応募するか、私立学校を面接を受けるかをした方がいいと思います。
ずっとそこにいるべきではないかなとも。


あたりきたりなことですが。