そもそも人間関係なんて無駄です。問題生徒は問題を起こすのだから、そのときに徒党を組まれたらどうするんですか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

そもそも人間関係なんて無駄です。問題生徒は問題を起こすのだから、そのときに徒党を組まれたらどうするんですか?

今回の質問は、以下のものです

そもそも指導に従う気がないのに悪さばかりする場合はどう対処すればいいのでしょうか? 」についてご回答ありがとうございます。

力のある教員が強烈な生徒の担任をした年の4月、「俺はお前を担任として認めないからな!」の怒鳴り声で始まりました。
その担任はその生徒が問題行動するたびに駆けつけて指導するとか、複数の教員と協力して生徒を取り押さえ、別室で教員2人、生徒1人くらいで話を聞いたり、話をするなどしていました。

とにかく入学から卒業までずっと問題行動が収まりませんでしたし、先述の担任に突っかかっていくこともザラでしたので、当時を振り返り、担任は「いつか刺されるんじゃないかと思いながら仕事をしていた」と話していました。
その問題児は中卒で働き出し、就職先で苦しい思いをし、「高校に行きたい」と卒業後にその担任のもとを訪れ、助けてもらったのを恩義に思ったのか、今では「先生」とその担任を呼んでいます。

前置きが長くなりました。問題児に対して粘り強く関わっていったことや、学年団で協力したからこそ、当時市内No.1の問題児と言われた彼を少しずつ良くしていけたのだと思います。
(ただ、担任と話ができる部分が時間を追うごとに増えてはいきましたが、多いわけではないですし、担任に突っかかっていくことは頻発でした。基礎となる人間関係を築いていけば問題行動が激減するとは限らないとこの経験から思っています)

生徒指導を複数の教員ですることが大事だとこのことからも思っているのですが、町田総合高校での案件は問題行動自体も結構強烈ですし、教員ではなく問題児の方が複数で1人の教員をはめようとしていたため、どうしたらいいのか詳しく知りたいと思いました(複数の問題児で寄ってたかって1人の教員を攻撃するケース/問題行動の指導に行くと、教員の注意を逸らすために別の生徒がすぐ近くでわざと問題行動を起こすケース など、複数の問題児対一教師という場面もあり得ることだと思います)。

私は荒れた学校が初任の若い目の教員ですが、初任校はクラスの8割以上が生活態度の悪い生徒で、学校全体として授業不成立で困っていました。
対処が難しいのは「問題児が連帯して問題行動を起こしまくるから(教員は各自でなんとか指導しろ的な学校でもありました)」です。
複数の問題生徒の連帯と戦っていくにはどうしたらいいでしょうか?




余計なことから書いてしまいますが、人間関係を重視している私のところに、経験から結論的に「人間関係は不要」と唱える方が意見を貰いに来るのは不思議で仕方ないです
私が現場を見ていないので、何を持って「力のある教員」としているのか、「指導の方法は良かったのか」、「学校の方針は正しかったのか」、人間関係は本当に役に立たなかったのか、など、いろいろなところで疑問はあります

とんでもない問題生徒は当然いますから、なんともいえませんが、その見られた過程というのは、検証してみる余地(教材としても良い)はあると思います
ただ、「人間関係が不要」だと結論づけたのであれば、その道を進むことをおすすめします





さて、

問題生徒たちとどうやって戦うか、ということが疑問のようです
質問者さんに私の考えは否定されているので、書くのは忍びないのですが、あのテレビ報道された教員は「なぜ、生徒から敵として認定されたのでしょうか?」 を考えた方がいいかなと思います

どうしてターゲットにされるのか?
どうしてあの教員でないといけないのか?


それは単純に普段からの人間関係が悪くて、生徒たちが「復讐」したかったからではありませんか?
そして、なぜ教員は殴ってしまったのか、それも単純に普段から生徒たちとの関係が悪く、何かと反発を受けており、腹が立っていたからではないでしょうか?

私は真相は知りません
でも、普通に考えてみると「とても良い先生」と言われる教員には、その生徒たちはあんなことをしなかったでしょう

質問されている「問題生徒たち」というのは、人間関係の作り方で「たち」になるかどうかが決まるようにも思いますし、生徒になにかされるとしても、その「ひどさ」は違うのかなと思います
人間関係論を信じるのであればです



それと、生徒たちが徒党を組むなら、教員も徒党を組んで対抗するしかありません
やはり魔法はないのですから

ただ、あなたは人間関係を否定します
そんな中で、同僚との人間関係も悪く、生徒との人間関係も悪いときに、どういう対処が可能でしょうか?
どういう武器が残っているのでしょうか?

人間関係を否定するということはそういうことです
あえて「人間関係」から背くというのは、単純にあなたが「人間関係が苦手・不得意」だからじゃないかなと勘ぐってしまいたくなります

人間関係に関することは以下に書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります