言われたことしかできない生徒になる理由 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

言われたことしかできない生徒になる理由

「言われたことしかでできない。いや、そもそも言われたこともできない」

とあなたは嘆いたことがあるでしょう
どうして生徒は言われたことだけしかできないのでしょうか?



あなたは生徒のことを責めます
ただその一方で周囲の教員はあなたに対してこう思っています

「あの先生は言われたことしかでできない。いや、そもそも言われたこともできない」

と。
まあ、特に若手はそんなものです
自分ができもしないことを生徒に要求しているんですから、本当にいい加減なものですね

さて、どうしてできないかと言うと、

あなた自身が、生徒が言われたことしかできないように仕向けている

と言う現実があるからです




それはなんだといえば、「あれもだめ!」「これもだめ!」と普段からあなたが生徒に禁止・命令ばかりしているからです
思い当たらないですか?

授業中にはしゃべるな! 私語をするな! 姿勢をよくしろ! ノートをかけ! 言うとおりにやれ!・・・

あなたの日常生活は禁止と命令ばかりでしょう?
だから、生徒は「言われたことしかでできない。いや、そもそも言われたこともできない」になるんです
もう少し以下に噛み砕いて書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります