休養日がないと壊れますよ | t-labo(中学校教師の支援サイト)

休養日がないと壊れますよ

夜9時まで働いて、朝7時30分に学校に到着するという働き方をしていたら壊れます

こういうふうに書くと「まだ序の口。自分はもっとひどい」と自慢し始める人がいるから、、、本当に痛くて、こういう人がいるからこういう状況が続くんだよなと痛感します



よく働いているのはわかります
しかし、それは「異常事態」であって、「自慢大会」や「有能さを競い合う」わけではないのです
自分のほうがすごいなんてクズ発言をする人間がいるから、現状はひどくなる一方なのですから

長時間労働の問題は、自律神経の問題に帰着するのかなと考えています
(この辺は全くの専門外なので話半分で・・・)

つまり、労働時間が長い分、交感神経が働いて緊張感する時間が多くなり、副交感神経が働いてリラックスする時間がなくなってしまいます
そうすると人間の体はこのバランスの悪い状況にずっとは耐えられなくなって、何かしらの異常をきたしてしまうわけです




過労死というのは、「疲れて死ぬ」わけではなくて、長時間労働によって「病気を患って死ぬ」ということのようです
バリバリ働いて交感神経が働いている間はそうは見えなくても、身体の色んな所にダメージが蓄積されており、病魔が潜んでいるわけです
そうしたことにも気づかない、気づく暇がない、気づいてもどうしようもないから、病気になってしまって、それが命取りになってしまう

「寝る時間を十分取れば問題ない!」なんてのは幻想であって、もっとリラックスできる時間を過ごすことが必要です
それは1週間のうち、毎日はほしいし、当然ながら休養日がほしいわけですね

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります