声かけと生徒指導の違いを理解していますか? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

声かけと生徒指導の違いを理解していますか?

生徒には声をかけよう、とよく言われます
この声かけにもいろいろあり、生徒の問題行動を抑制するために使います
ただ、声かけは生徒指導とは全く違うことを理解していますか?



よくあるのは、いわゆる「優しい教員」の問題です
「声かけ = 生徒指導」という拡大解釈をしてしまっているので、この手のタイプは生徒指導を一切しません
そのため学級崩壊を起こしていきます

本人からすると、きちんと生徒指導をしているのにとなりますが、声かけしかしていないので全く意味がありません
生徒指導とは問題を解決することですから、学級で起きた問題から逃げる担任となってしまいます
原因と結果は明らかであるのですが、

「優しい教員では通じない」




と勝手な解釈をします
生徒指導から逃げている自分に気づけないのです

では、声かけをしなくてもいいのかと言うとそうでもないわけです
声かけと生徒指導との違いをきちんとわかっているかが問題なのです
それを以下に書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります