他人の評価は残酷なほどに違うこともある | t-labo(中学校教師の支援サイト)

他人の評価は残酷なほどに違うこともある

「この人は、自分はすごくできる人間だと感じているんだろうな」と感じる人がいます
でも、少なくとも私の評価はとても低いのです



言動に自信があるようですが、いろんな部分が間違えている、というか基本が間違えているから、大恥もいいところであり、やっても本末転倒であるなど、問題ばかり

周囲の教員がどのように評価をしているのかはわかりません
他人の陰口のようになるので、まあ言わないほうが無難です
だから、私も言いません




でも、その一方で、してもいいはずの「良い評価」も聞こえてきません
良いことはどんどん循環させればいいはず
しかし、ない

これがどういうことか、考えてみればすぐにわかります
少なくとも「胡散臭い」のでしょう
いくら自信を持っていたとしても、他者の評価は別物です

それならばどうすればいいのでしょうか?

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります