うまくいかない教員はどこまでが仕事なのか、わかっていないからうまくいかない | t-labo(中学校教師の支援サイト)

うまくいかない教員はどこまでが仕事なのか、わかっていないからうまくいかない

色んな人が関わるほど、意思疎通というものが大事になります
意思疎通の下手な人、それがうまくいかない教員です



どういうことかというと、「どこまでが仕事かわかっていない」のです
例えば、職朝で「登校のときに道いっぱいに広がって歩かないように注意してください」と言われたとします
そのときに、あなたは何の話をしますか?

うまくいかない教員は「言うのを忘れる」のがあるあるであり、言ったとしても「道いっぱいに広がるなよ」とオウム返しのように言うだけです
それではだめなのはわかりますか?

嫌がらせがあったときに「やるなよ」といっておしまいって感じですね
それで問題なんて解決しないのです




でも、うまくいかない教員はわからないのです
なぜなら、自分がそれでいいと思っていて、なおかつ「周囲との意思疎通を大事にしていない」からです
意思疎通をすれば余計なことを言われてしまう確率が高いからこそ、黙ってしまう

そうして、「本来やるべき仕事」があるのに、「自分で勝手に解釈した中途半端な仕事」ばかりやってしまいます
その結果が、仕事の不履行になり、学級崩壊につながる、というわかりやすい構図です

悪いことに、うまくいかない教員は周囲から何も言われたくないというスタンスですから、途中でなにか言われても絶対にやろうとしないのです
これもまた困ったです

さて、「道いっぱいに広がらない」という注意のときに一体何をすればよかったのか? それを以下に書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります