生徒と言い合いになった時にどうするべきか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

生徒と言い合いになった時にどうするべきか

生徒も教員もお互いに言いたいことがあり、妥協できない時には言い争いになってしまうことがあります
この言い争いは本当にメリットがあるのでしょうか?



例えば、スマホを没収された時には激しく抵抗することがあります
教員としては、学校に持ち込んではいけないものを持ち込んだのだから没収するのは当たり前だ、と生徒に言います

生徒がそれでは納得いかないときがありますね
他の生徒がスマホを持ってきているのになぜ自分だけ没収されないといけないのか
当然ながら、議論は平行線を辿ることになります

もちろん、議論とは言えないようなただの言い争いになってしまいます
私はこの議論にほとんど意味などないと思っています

だけど、多くの人は議論をし続けようとします
それはなぜでしょうか
不思議で仕方ありません




生徒が言い争いをするというのは、単純には、感情的になっているというだけのことです
感情的になっているときに何を言ったとしても相手は聞く耳を持たないでしょう
ただ、教員も同じように言い争いをしているのは、教員自身も感情的になっているのです

いうことはただ一つ、お互いに冷静になろうということなんですね
ここに良い悪いはなくて、あまり意味を見いだすことができないから、やめたほうがいいという意味です

冷静になって考えてみれば、どうでもいいことを言っているかもしれないし、言い過ぎがあるかもしれません
それを避ける意味でも、生徒と言い争いをするというのは愚の骨頂であると理解したほうがいいです

このことに気づくのが、教員としての第一歩でしょう
いかにもう少し詳しく書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります