暴言を吐く生徒とどのようにつき合っていけばいいか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

暴言を吐く生徒とどのようにつき合っていけばいいか

中学生が非常識かといっても、その大半は常識人です
しかしながら、そのほんの一握りには暴言を吐くような非常識な生徒が混じっています

触れば怪我をしそうなそんな感じの生徒です



生徒たちがなぜ暴言を吐くか

それを考えてみると、生徒のご機嫌が悪いというのもあるのでしょうけど、何よりも語彙力が少なくて、それ以外の言葉を知らないというのが多いかなと思います
テレビの食レポを見ていると「こいつ下手だな」とあなたを思うことがあると思います

しかし、それを自分でやってみると思う以上に言葉が出ないでしょう
それはあなたが普段から食レポをしないので、語彙力が全くないからです
この語彙力が全くない状態というのは、ある意味ではストレスフルなのです




なぜかといえば、自分の気持ちをうまく表現できないからです
相手に何かを伝えようとしても、相手がきちんと理解してくれない
それは英語で話しかけたかのように、全く理解してくれない

それってストレスではありませんか?


暴言を吐く生徒というのは、そうした語彙力のない、ある意味では外国語をしゃべっているような生徒だと捉えたらどうでしょうか?
そういう風に理解すると、生徒の暴言であなたが傷つく必要がなくなるように思いませんか?


つまり、暴言を吐く生徒というのは語彙力が少ない、今までの成長が少ない生徒というふうに言えるのです
となると、教員としてやることは一つ
その生徒を成長させていくことのみです

残念ながらそう簡単な答えというのはありません
それに絡めて、なぜ体罰的な指導がいけないのかについても触れておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります