なぜ年上の教員は若手にいろいろ教えてくれないのか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

なぜ年上の教員は若手にいろいろ教えてくれないのか

年上の教員は経験が豊富なのになぜ教えてくれないのか
私はそんなことをよく思っていましたが、私も中堅と呼ばれる年齢になってようやくわかってきました



その答えは、年が離れているからです

年が離れていると考え方や常識レベルが違います
またこのご時世では、「パワハラ」というパワーワードが存在します
そのため、ベテランは若手に関わろうとしないのです

それが単純な結論でした




パワハラはいじめと同じでラインの引き方がよくわかりません
なぜかといえば、受け取り手の判断になるからです
年上が下手に年下に関わると、いつの間にか「パワハラを受けた」となってしまいます

そんなリスク犯したくないのです
関わりがなくなればどんどん経験の伝達は少なくなって、同世代だけでの交流になってしまい、経験の伝達はされなくなり、若者は育たなくなります
残念な現実が横たわるようになります

それではどうすればいいのか

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります