自分の努力を自慢する人間は、たいした人間ではない | t-labo(中学校教師の支援サイト)

自分の努力を自慢する人間は、たいした人間ではない

若いときにあるあるなことであると思うんですが、自分の努力を周囲に自慢する人は本当に大したことはありません
何時まで残業したとか、クラブ指導で一切休みがないとか、自分が言った事をとにかく自慢したがるのです



他人の自慢話を聞いたとしても、それを羨ましがって、真似したいと思うんことはあまりないのではないかと思います
特に教員として優秀であるというアピールをする人ほど、生産性が悪いことをやって、無駄な残業ばかりやっていると思います

そういう人間がいるととても面倒なのです
というのは、昔ながらのとにかく長時間働けばそれが素晴らしいという文化を持ち込んでいるからです
自分がどれだけ人生の無駄をしているのかそれをひけらかしているのと同じです



そうしたことがわからないからこそ、若い人というのは自分の努力を自慢ばかりするのです
私はこういう人間に対して以下のように思っています

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります