いい教員というのは生徒の方を向いている | t-labo(中学校教師の支援サイト)

いい教員というのは生徒の方を向いている

あなたが良い教員か、悪い教員か、というのは、あなたがどちらを向いているかで決まります
良い教員ほど生徒を見ていて、悪い教員ほど自分のことを見ています



これは仕事の本質ということも言えるのだと思います
教員の仕事というのは生徒を育てることであり、その仕事上をすべての注意を生徒に向けているべきでしょう

それなのに、自分がかわいそうだとか、自分は今年努力しているとか、そうしたことばかり話題にするのは、生徒のことを見ていないのです
生徒のことをひたすらにけなす教員がいます
それは生徒のことをけなして、自分のことを持ち上げていて、相対的に自分がすごい人間だという風にしたいのです




ここにも生徒ではなくて自分のことしか考えていない人が出てきますね
このように、良い教員というのは常に生徒のことを見ているので、何かあったときも生徒の立場で物事を考えることができます

行事などの企画で、良い企画というのは生徒目線で考えられているということなのです
生徒の動線がこうなっているからこそ、こういうふうな配置が言いというふうに考えられます
自分のことしか考えていない人は、それをやると面倒だからこうやったほうがいいという風な形で、生徒の動きが全く見えていません

こうしたところに違いが出ているわけですね

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります