あなたが教員力を伸ばしたいのであれば | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたが教員力を伸ばしたいのであれば

どうやったら教員力というのは伸びるのでしょうか
おそらく、誰もが自分の教員力を伸ばしたいと考えているはずです
しかしながら、現実には伸びる人と伸びない人がいます



少しシリーズで書きたいなと思っていますが、その第一番目は何かといえば、他人の話を受け入れる勇気を持てるかどうかです

うまくいかない若手教員というのは人の話を聞くよりも、自分の思いを優先してしまいます
今出来た物事に対して、自分はこう思うからこうするというようなノリなのです

この問題点は一体何かというと、自分の人生であればその判断でいいのですが、教育という場においては、生徒という他人の人生の判断であるので、人生経験のない、教員経験のないような、若造の意見なんて意味がないのです




ここが十分に理解されていないと思います

ですので、教員の立場での意見となると、やはり若手教員の意見とは異なることが多く、若手教員からすると、自分の意見と異なることをわざわざしなければならなくなります
嫌がらせを見た時に、すぐに撲滅しなければならないと他人に言われるのは嫌なものです

なぜなら、その若手は少しの嫌がらせぐらいあるもんだし、自分に降りかかってくる火の粉は自分で払うものだと思っているからです
それはあなたの今の人生の考え方であって、中学生という生徒の人生の考え方ではないのですから

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります