あなたが教員として力を伸ばしたいのであれば 8 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたが教員として力を伸ばしたいのであれば 8

シリーズで書いていますが、あなたはどれだけ取り入れていますか?
実際にやりましたか?

今回のポイントは教員の最大のポイントであるとも言えます



それは

嫌がらせは絶対悪として根絶すること

あなたは「嫌がらせ」をどのように捉えていますか?
うまくいかない教員というのは、嫌がらせを「自分は対処したくないから、自然になくなればいい」と思っています
つまり、嫌がらせに対処しないのです

どうなるかといえば、「学級崩壊」ですよ
そこまでいかないかもしれないけど、その学級では「人権侵害が当たり前」「嫌なことは解決ではなくて我慢すること」がスタンダードになります
だって、担任が問題から逃げているのですから

私のブログやTetra塾の記事を読んで「うまくいくようになった人」の特徴というのは、




嫌がらせを根絶した・根絶しようと向き合った人

なんですね
生徒指導のスキルとか、知識とかではなくてね
学級にはびこる悪ときちんと向き合うかどうかなんです

それを見て見ぬ振りするから学級が荒れる。
まあ、当たり前

例えが悪いかもしれないけど、みかん箱の中で、たった1つのみかんに生えたカビのようなもの
無視すればカビが増えるだけのこと
取り除けば被害は限定的でカビの脅威はなくなるだけのこと

簡単なことです
でも、対応できないのはなぜか

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります