使えない教員は、自覚してもっと謙虚に生きよ | t-labo(中学校教師の支援サイト)

使えない教員は、自覚してもっと謙虚に生きよ

反発をもらいそうなタイトルではありますが、私が強く感じることであります

使えない教員はもっと謙虚に生きよ



偉そうで申し訳ないです
しかし、、、使えない教員って使えないからそう呼ばれるわけですが、どうして使えないのだろうかと考えてほしい
そもそも、自分が使えない教員かどうかなんて、使えない教員が自覚できるわけがないとなります

となると、みんな謙虚に仕事しようぜってことになりますが

使えない教員はどうして使えないかと端的に言えば、「一人前の仕事をしないから」です
さらに言えば「プライドだけは人一倍ある」から、他者の話を受け入れられない、他者に相談できないのです
そうして、独りよがりなことばかりして、物事を中途半端にかき乱し、不法行為を放置するわけです




自分の身の回りにトラブルが終始起こる、生徒が納得しない、反発ばかりする、挙句の果てには保護者から恨まれると言った形になっている人は使えないことをやっている可能性は高い
そのときに、あなたを救ってくれるのが「謙虚」になることなんですね

タイトルのことは、抗議ではなくて「アドバイス」です
困ったときほど謙虚に生きよ、ということ
周囲に助けを求めたらいいってこと

それだけのことなんですが、難しいかもしれませんね

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります