あなたはどのタイプ? 周囲をイラつかせているか知る1つの見方 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたはどのタイプ? 周囲をイラつかせているか知る1つの見方

仕事ができるかどうか、それは人間のタチによる問題かなと思います
というのは、出来事にどういう反応を示すかによって、仕事ができるできないが決まるからです



それはなにかといえば、

「自分で考えて行動できる人」かどうか。

自分で考える、とは何をどうしたらいいか、その場での最善を考えることです
例えば、生徒が廊下で吐いたしまった、そのときにあなたは何をするのかです
他の教員がいて、その教員が掃除を始めたときに、自分で考えて行動できる人は、雑巾など掃除道具を探しに行きます

その対比として、「指示されないと動けない人」というのがいます
この手は、ぼーっと突っ立っていて、周囲の教員が「先生は雑巾を探してきて」と言われて初めて行動を開始できます
それまでは「自分の仕事ではない」とだけ判断して何もしないのです




これでは仕事ができない意味がわかりますよね
周囲の教員は「そのくらい考えてよ」と思いイライラするのですが、本人からすると「自分の仕事ではない」と思っているわけですから、何もしなくて当然なのです。

これは結局、人間のタチなのかなと思うことが多いです
自分で考えて動ける人間というのは、学校で活躍している教員であり、その人のもとにどんどん仕事が集まるようになり、重宝されます
逆に、自分では何も考えない指示待ち族というのは、担任であったとしても、自分のクラスで起きた問題でさえ「自分の仕事ではない。生徒自身の問題である」と平気で考えるので、学級が荒れます

大きな差があります
あなたはどうですか?

そして、さらにもう1種類タイプがあるのです。それは・・・

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります