あなたが教員として力を伸ばしたいのであれば 9 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたが教員として力を伸ばしたいのであれば 9

力がある教員と力がない教員との違いとはなにか
それは年季が違うという単純なものではなくて、

その人そのものに宿っているなにか、人間性の違いといったものが大きく関係しています



今回取り上げるのは、

あなたが生徒に行っている矛盾に気づくことができるか?

です
力がある教員の言葉に説得力があるのは、普段の言動に矛盾がないからです
力がない教員の言葉を誰も聞かないのは、矛盾だらけだからです

単純なものだけど、本人は気づかないのです

「時間を守れ!」と生徒にいうのに、その教員は平気で授業に遅れてきます
おかしいですよね
でも、本人からすると「別物」なんですよね




「教員は忙しいのだからそういうこともある」と言いはる
その一方で、生徒の遅刻は許せないわけです
ダブルスタンダードですね

そんなことはよくある、と思ったあなたは危険

担任がうまくいかないのは、同じように「嫌がらせはだめ」と言いながら、あなたの目の前で起こる嫌がらせには見て見ぬ振りをしているから
単純なことです

しかし、そんな単純なことがあなたは気づけない
なぜか、

それは「別物」だから
たったそれだけ
おかしいと思いませんか?

生徒があなたの話を聞くというのは、

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります