あなたが教員として力を伸ばしたいのであれば 10 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたが教員として力を伸ばしたいのであれば 10

このシリーズも10回となりますが、私としては常に同じことをいい続けているつもりです
それは常に「謙虚に人間をしなさい」ということだと思っています

そして、生徒も「一人の立派な人間」だとということ。




ですので、「生徒を一人の人間として尊重すること」です
当たり前すぎるのですが、うまくいかない教員からすると当たり前ではない
これが大きな問題

そもそも言葉の意味が理解できていないと思うんですよね
というのは、「尊重する」といったときにあなたは具体的に何を思い浮かべるでしょうか?

きっと「生徒の話をきちんと聞くことだ」と思ったはず
それは正解です
でもね、

「正解は1つだけじゃない。それはその一部分でしかない」

のです




数学は答えが1つかもしれないけど、現実はそんなことはない
答えがいくつもあり、たった1つの答えでは解決できないこと多い
教員という人種も同じです

話を聞くだけでは解決できない
生徒のことを尊重するのは大事なことですが、それは話を聞けば尊重することにならないのです

でも、尊重するという視点をもって生活することが大きな気づきを与えてくれます
これは保証します
尊重する姿勢、これがあなたと生徒の人間関係を強固にします

これだけではうまくいかない、わからないという人のために、一番の落とし穴ついて、以下に解説を入れておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります