うまくいかない教員はなぜうまくいかないのか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

うまくいかない教員はなぜうまくいかないのか

うまくいく教員とうまくいかない教員の差は何か
それをよく考えます

それは言ってみれば、スタンダードの差にあると最近よく思います



テストで80点取れたら満足する生徒もいれば、90点取れても満足しない生徒もいるでしょう
逆に50点で満足という生徒もいます
教員のできる、できないというのも、この差なんだろうと思うんですね

何点取ったら満足できるかというのが仕事に大きく影響しているように思います
例えば、学級で嫌がらせがあるとして、それを解決する人が90点以上取るとして、親からクレームがつかなければOKというのが50点とすると、どこを目指すかによって全く変わってきますよね




私はこの例では90点以上取らなければ絶対に満足しません
しかし、うまくいかない教員は50点取れれば十分なのです

この差です

もちろん、基本的な能力の差はあると思いますが、気づいたことができるかどうか、それが差を生み出しています
生徒指導の上手い下手は当然ながらありますが、解決できない問題はないと思っています
それをやるかどうかなんです

そして一番の問題点は、

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります