役に立つとはなにか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

役に立つとはなにか

役に立つとは一体何でしょうか?
考えたことがありますか?



役に立つかどうかは何よりも自分の仕事をきちんとこなしている、というのが最低条件になる、とあなたは考えるかもしれませんが、それは違う可能性があります

なぜなら、

仕事が手加減されている可能性が高いからです

仕事ができない人には一人前の仕事を与えるわけがない
そう思いませんか?

となると、あなたが「自分は役に立っている! 最高だ!」なんて思うかもしれないけど、それは周囲からの評価ではないのです
周囲がどのように判断しているか、それはどこからくるかというと、

1人の教員として期待されている仕事量に到達しているか





という問題です
この視点がないといけません
多くあるのは、手加減された仕事 = 一人前の仕事である と勘違いしている人

そこから普通は仕事が増えていきますが、それをこなすのは大変と愚痴をこぼしてしまうのです
要注意です

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります