余裕がないからイライラする、この言葉の真意は | t-labo(中学校教師の支援サイト)

余裕がないからイライラする、この言葉の真意は

教員として難しいのは生徒のことではなくて、

自分自身のことが大きい

と思います



その理由は何かというと、

あなた自身に生徒のわがままや問題などを受け入れるキャパがほとんどなければ、あなたが手一杯になってしまって、あなたが間違えた言動をしてしまうからです
あなたに余裕があれば許せることも、余裕がないと許せません

余裕がないと生徒指導もいい加減になってしまって、そのせいで生徒との感情的なトラブルを起こして解決が遠のいてしまう
これはよくあるパターンです
学級経営が負のスパイラルに陥るときにも見られます




あなたに余裕がなく、学級経営をがんばってもうまくいかないことがあると、そこから感情的になり、生徒も呼応しこじれてしまう
簡単な問題も行き違いが起きて複雑化・混乱してしまう
どんどん悪循環して学級経営に行き詰まってしまう

あなたに余裕がないからイライラしてうまくいかない

しかし、この「余裕がない」とは一体何でしょうか?
余裕を作れというけれど一体何でしょうか?

私が考えるところは・・・

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります