優しい教員は通用しないのは、もしかした嘘なのかもしれない | t-labo(中学校教師の支援サイト)

優しい教員は通用しないのは、もしかした嘘なのかもしれない

あなたは優しい教員ですか?

優しい教員に優しい時代が来たのかもしれません



優しい教員というのは、「なめられる存在」でした
厳しいことが言えない代表格です
生徒のことをどやすことが美徳とされ「理不尽こそ正義」、これが教員会の基本理念でした

今の生徒たちの様子を見ていると、もはやどやすは時代錯誤、というよりは、どやすことがハラスメントとされるような時代になったわけです
ここまでの権利意識を主張してくる保護者・生徒はほぼいませんが、指導のあり方はかなり神経を使う問題です




どやす教員は案外、「どやす以外知らない」のです
ですから、あいかわらずそれをやってしまう
優しい教員はそのどやすができないので、指導上のハラスメントは起こりにくくなるでしょう

こういう意味では優しい教員の時代がやってきたといえます
気弱で指導ができないとか、怒鳴るのはおかしいといったことが主張できるようになったわけですからね
多くの人が安心できる環境になった

とまあ、安易に言うのは飛躍の可能性もあるので、注意点を書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります