1年の最初だから、そろそろ言い訳をやめて、自分の足で歩こうよ | t-labo(中学校教師の支援サイト)

1年の最初だから、そろそろ言い訳をやめて、自分の足で歩こうよ

教員というのは仕事ですから、当然ながら

スキル勝負

なんですよね



学級崩壊ばかりしている人に言いたいのは、「あなたにはスキルが無いから磨きなよ」ってことです
単純なんですが、それができているかといえばできていない
できていないのに、現実から逃げてなんの対処もしない

ここに問題があるのに、そのことを指摘されると「○○先生は自分に厳しい」といかにもパワハラを受けたように言い始める
さらには独自の見解を語り始めて「生徒が悪くて、自分は悪くない」論調を持ち出す

まあ、、、残念なことに何にもならないことに気づいていないのです
言い訳なんて意味がない、それにも気づいていないわけですから

こういう教員に限って生徒の言い訳に対しては厳しくて「お前、それはただの言い訳だろ!」と怒り始める
自分が普段しているのはただの言いわけではないのかと周囲は言いたい




私なら「なるほど、そういうふうに考えたのか」とむしろ生徒に共感を寄せます
言い訳ってそれだけの価値があるわけです
だって、その生徒の見解なんですから

うまくいかない教員はいろんなことにミスっている
ミスっていることに気づかないし、その現実からいかに逃げるかを考えている

大事なことは「問題解決」だと常に書いています
常に問題解決したかどうかだけなんですね
それだけ

シンプル

それをする決意を今年は持ちましょう
そのためのコツを書いておきます

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります