不登校の生徒は本当に不幸になるのか | t-labo(中学校教師の支援サイト)

不登校の生徒は本当に不幸になるのか

色んな話を聞く機会がありまして、その中で考えたことなのですが、

不登校生徒は本当に不幸になるのか

ということです



教員の感覚からするお、不登校は不幸の塊でしかなくて、人生の落語者になるだけのことだと捉えていると思います
というのは、高校は定時制か通信制しか選べないからです
どんどん普通の世界からはかけ離れていく

そう考えてしまいますが、現実はそうでもないようです

というのは、普通の高校(特に私立?)に行った生徒の多くは勉強を全くしないのだそうです
あなたが私立高校に推薦で出すような生徒です
推薦の段階でほとんど勉強しないような生徒




その生徒たちは大学受験を控えて、私立大学のAO入試や指定校推薦を受けることがほとんどだそうで、しかも、彼らは3年間ほとんど勉強をしないのだそうです
そうやって怠惰だけ覚えて、プライドだけが育った生徒たちが推薦で行くのは「Fラン大学」ですから、うらやましいですか?
何が問題って、高校3年間に鍛えられていないのですから・・・

方や通信制で頑張った生徒たちは、同級生は少ないかもしれませんが、学校の教員に手をかけてもらえる機会が多く、その分努力することが多いようです
もちろん、いわゆる普通の生活を送れるかどうかは別問題なのですが
そうやって過ごした生徒たちも、卒業して、しかも大学進学はできるわけですから

そのときには当然のようにFラン大学は、どのようにしても入れるわけです
もっと上を目指すこともできます

そうやって通信制で入った生徒たちが本当に不幸か、人生の落語者かといえばそうでもないと思えるんですね
あなたはどう思いますか?

だって大事なのは・・・

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります