あなたの本音は「他人から何も言われたくない」 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたの本音は「他人から何も言われたくない」

若手教員に何が必要かというと、「経験」であり、「経験に基づいたアドバイス」なんですね
若手教員も「自分は成長したい」とかなんとか都合のいいことを言うんですが、

本音は「他人から何も言われたくない」

ってもんなですね



これは正確な表現ではないですね
正確には、

「自分に都合のいいことしか聞きたくない」

わけですね
これはアドバイスという類ではなくて、「自分が聞きたいこと」探しであり、それ以外は聞きたくないんです
言い換えるなら、

アドバイスなんてするな


ってこと
だって、アドバイスと言いながら駄目だしされたら落ち込むから、そんなことしてほしくないんです
そのためには「駄目だしするなオーラ」をまとうわけです

そうして、一人前になるのを阻み、いつまでもすねかじりで仕事は他の人にやってもらいたいのです
ベテラン教員はそれを見て「ゆとり・・・」と嘆くわけです

今の生徒たちがゆるくなったのと同様に、若手教員もゆるくなっていて、アドバイスさえ許されないのですから、やれやれです

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります