あなたの特殊能力は何? | t-labo(中学校教師の支援サイト)

あなたの特殊能力は何?

教員としてやっていくときに、必要なのは「採用されること」ではありますが、採用がスタートであってゴールではないわけです
まあ、、、ある種の人にとっては採用こそがゴールであることは実際には多いですが。。。



職員室は小さな社会です
そこにいるあなたには「ポジション」があります
そのポジションを決めるものは、

あなたの「特殊能力」である

ということ。
一目もニ目も置かれる人というのは、特殊能力があるからです
その特殊能力は生徒指導や学級経営にも影響を及ぼします

生徒指導が特殊能力ならわかりやすいですね
例えば、「自分は吹奏楽の指導力はピカイチ」だとします
そうなれば、あなたに間違いなく顧問が転がり込んでしまいますし、部活の生徒たちはあなたのことをカリスマとみなし、あなたの言うことに賛同し、協力してくれるでしょう




その状態になれば、学級の生徒たちはどうでしょうか?
部活の生徒たちが「あの人はすごい!」というわけですから、関係ない生徒たちも「あの人はすごい」と刷り込まれていきます
また、学級内に何人かの部員がいれば鉄壁な支持者がいるわけですから、学級の多数決にも影響力を持ちやすい

というのは、教員が部活の生徒に「代議員をやりなさい」といえばやるわけですから
何かを積極的にする側に回るようになれば、学級って変わりますよね

こんな形で特殊能力が効くわけです
あなたにはどんな特殊能力があるのでしょうか?
そもそもどうやったら特殊能力が身につくのか?

ちょっと以下で考えてみましょう。私にはどんな特殊能力があったかも

この記事には続きがあります
より具体的に教員力がアップするような仕掛けを用意しています
追記はtetra塾の教員コースの塾生になると表示されるようになります