閲覧できるのは塾生のみとします(例外カテゴリーあり) | t-labo(中学校教師の支援サイト)

閲覧できるのは塾生のみとします(例外カテゴリーあり)

ブログを年内で終了と書きました
この意味はどこにあるのかというと、ブログ自体を閉鎖するという意味です



いろいろとコメントをいただいており、更新はなくても記事は残してほしい、と。
本当にありがたいことです

ただ、

私の中で、もう残さないと決めました
あっても仕方ないという意味であり、残しても何かの役に立つわけでもない、むしろ、足をひっぱる可能性があるかもしれない
極端なことかもしれませんが、残しても意味がないと考えたというのが結論です

記事のバックアップは一応取っておきますので、何かのきっかけで復活する可能性があるかもしれませんが、今のところありません

ブログを勉強のために読みたいという方には本当に申し訳なく思います
人生は一期一会だと私は思っています




「ずっとブログがあった」わけですが、、、それであなたは何をしたかなんですね

ずっと残っているから、「ずっと行動しなかった」となったら、何の意味もありません
とりあえず買っておいた的なもので、部屋の片隅に積み上がっていく何かと同じです

「このブログのおかげでうまくいくようになりました」と結構な数のお便りをいただきました
そうやって「行動した人」はブログはある種の通過点であったわけです

一期一会と書いたのは、このブログにある種の価値があって、あなたの人生を好転させる価値があったかもしれないけれど、あなたはその機会をきちんと利用したか?
ってことです
ずっとあったのに何もしなかった人は今後もずっと何もしないでしょう
今後、若い教員がブログで情報を得られたかもしれない、救われたかもしれないのですが、これも一期一会といいますか、「縁がなかった」のですから、仕方ないと思うのです

こんなことを考えるわけですね
仮にずっと記事を残していくとして、何年も更新しないブログに価値を感じる人がいるか、どんどん廃れていくだけではないか、、、
そんなことを考えると虚しいのです




私の役目はここで一旦終わりです

tetra塾をやっている関係上、ブログをそのままほいほい終わらせることはできませんので、tetra塾生のみ記事がすべて読めるようにします
12月上旬あたりをめどにブログを完全に閉じます

もしも、あなたが心残りがあるようでしたら、tetra塾生になって私の最後の教えを受けていってください
多くの実りがあるのではないかと思います

なお、以下のカテゴリーは読むことができます

tetra塾
電子書籍
課題図書
お知らせ・雑記