「こりゃだめだ・・・」と教員採用試験で見抜かれる10の人 | t-labo(中学校教師の支援サイト)

「こりゃだめだ・・・」と教員採用試験で見抜かれる10の人

教員採用試験に受からない非常勤講師を見ていて、特徴的なことを10あげます。
当てはまる項目はあるでしょうか。


1.偉そうにしゃべる


「なんか癪に障る」というような話し方です。

「わかってもいないのに、さもわかったように話す」話し方とも言えます

自分を偉そうに見せたいのか、自分が偉いと思っているのか・・・

とにかく一緒に話をしたくない、そんな話し方をする人がいました。

というのも、こういう人って思い込みが強くて、自分が偉い、わかっていると自負しているので、「改善できない」「人の話が受けいられない」類の人です。
ある意味ではナルシスト的で、一緒に働いたら、「ああ、足引っ張る奴だよな」って思われます。

だめだなと思いました



2.ぶりっ子


女子特有のものですが、ぶりっ子は「女子に嫌われ、男子に好かれる」傾向がありますよね。
そもそも、ぶりっ子がポイントが高いとは一切思いませんが・・・。

その方は学生時代はずいぶんとモテてちやほやされたそうで、その頃に身についた癖なんじゃないかな。
いつの間にか板について、違和感の元になってます。

このぶりっ子がそもそも教育現場で通用するかどうか、というと否ですね。

教師であるならどういう態度が必要かは検討した方がいい




3.自己満足


自分の中ですべて解決、完結して、「はい、終わりです」と言っているような感じの人。
発展性もなく、外への発信もなく。
自分が満足したらおしまい。

成長していくイメージがつかめません。
打っても響きそうもありません。
はつらつした若さがありません。

厳しいなあ。



4.打たれ弱そう


今まで真面目に人生生きてきたんだろうなという人。
だからこそ、教師に憧れて、教師になろうとしている正統派の人間とも言えます。

真面目一辺倒だからこそ、想定外の出来事が起こると対応にあたふた。
自分との価値観があわないとすべてだめのような。
もろく、打たれ弱い感じを受けます。

そうなれば、学校では生徒の標的になる可能性が高い。
からかわれ、軽んじられる。
生徒が不誠実に行動する

そんな姿がありありと浮かんできます。
雇ったら困るだけだ、、、と思わるのがオチです。



5.話をしても面白くない


人間の魅力がないとも言い換えてもいいんですが。

話をしても面白く無い・・・。
きっと相手の反応をあまり気にしていないんだろうなって。
それか、周りの空気や思いが理解できないんだろうなって。

面白みがないので、こういう人は学級がうまくいかなる可能性が高くなります




6.結論が一言で言えない


質問に対して、一言で返せない人。
「明日の天気はどうなりそう?」と聞かれれば、「くもりです」と答えればいいんですが、

「今日は朝早起きをして、天気予報を見ました。普段とは違う番組で見て・・・」と余計なことをいっぱいつける人です。

それっぽいものを答える習慣がついており、何が一番大事なのかわかっちゃいない人です。
生徒指導では、生徒にごちゃごちゃ色んな事を言って、「何が言いたいんだろう?」って生徒に思われるタイプ。

うざがられて、、、なかなかうまくいかないだろうな



7.元気がない


若さがない以前に、おいおい、その返事はなんだい・・・一体君は何しにここに来たの?って。
元気は生徒にポジティブに感染します。
元気にしているだけで、楽しくなる。

そういうエネルギーをもっているもの。
元気ないって・・・そもそも仕事できるの?



8.夢がない


生徒の現実ばかり見て嘆く人がいる。
その一方で、生徒のちょっとした進歩を見て喜ぶ人がいる。

どちらが将来有望か。

現実は確かに暗いかもしれないが、十分過ぎる明るい部分がある。
それを光らせていくのが教師の仕事。

現状をこう変えたいという夢がなければ、教師じゃないよ




9.学力がない


自分の教科ですらまともな知識がない。
教職の専門の知識がない。
文章がかけない。

教師になるそれ以前の話。
最低限の学力は、教師としては必須条件



10.相手を見ない、考えない、感じられない


失礼な言い方になりますが、「理学部出身だろう?」って言われる人がいます。
教師は教育学部卒が多いわけです。

教育学部は人相手を前提に、理学部は物質相手を前提に。
となると見ている世界は別です。

実際に理学部の人に多いのも事実なんですが、生徒を見ていないんです。
相手の反応を考えずそのまま突っ走るんです。

生徒には心を砕き、噛み砕いてこそ伝わるもの。
誰もついてこない教師が生まれてしまいます。



終わりに


あげればキリはありません。

教師らしさが求められています

だから、教師らしくなることが条件になります。
それを「個性だから」といって変えないのは、自由にしてください。

それによってより光ればいい。

自分が受かりたいなら、自己変革も大事ですし、実際に現場に通用しないかもしれませんしね。