教師を目指すなら非常勤ではなく、臨採を | t-labo(中学校教師の支援サイト)

教師を目指すなら非常勤ではなく、臨採を

職場には非常勤講師の先生がたくさんいます。
いわゆる主婦の方のアルバイトが多いのですが、若手の人もそれなりにいます。

もしも教師になりたいなら、臨採になりなさい!

常々そう思っています。

以下は、教師になりたいという人に向けて書きます。
「別に教師にならなくても困らないし」という気持ちの方向けではありません。



1.時間が欲しいという言い訳をしない

非常勤講師の人に「なぜ非常勤なのか?」と聞くと、時間が欲しいということ。
その時間の建前は「教員採用試験の時間」なわけですが、非常勤講師をやりつつ、自分で勉強しても大して伸びない。

ポテンシャルがある人は、自分の勉強で十分

だけど、ない人は自分で勉強してもまず無理だよ


ってことに気づかないといけません。
そもそも、大量採用の時代にポテンシャルのある人は受かっています。
何年も採用にならないのは、ポテンシャルがない証拠なんですよ。

そんな人が非常勤講師をやっていても、教師にはなれませんよ




2.自信がないから非常勤

非常勤講師の方の多くは、表立ってはいいませんが、

臨採をやりきるだけの自信がない

のが本音としてあるようです。
何年も非常勤を続けていると、その気持はどんどん膨らみ、臨採のようにハードに働くことができなくなります。

自信があるかではなくて、やり切る気持ちがあるかどうか

そこが臨採が出来るかどうかです。
臨採であろうと、新採であろうと、最初はうまくいきませんから。
うまくいかないのは、登竜門です。

この自信の無さは、経験の無さからきますし、その経験は非常勤では積むことは出来ません。
非常勤は授業だけすればいいわけで、生徒を育てる経験が得られないからです。

非常勤をやっても力も自信もつきません



3.そうして離されていく

教師になるなら、さっさと正規採用される方が断然いい。
非常勤で無駄にキャリアを積むのは本当に意味もないし、長い教員人生でいっても出遅れてしまいます。
金銭的にも採用される方が断然高くなります。

他の人は臨採で経験を積んで、その経験を武器に採用されていくが、非常勤には何もない

そうやって、自分では経験を積んでいるつもりが、客観的に見るとそんなことはなくて、臨採組にどんどん離されていき、年ばっかり取っていきます。
年齢を重ねると、それ相応の期待を求められますが、非常勤ではその期待分の成長が難しいのが現実です。
だから、どんどん不利になっていきます




4.非常勤の授業はただのノルマ

非常勤の人の多くが考えているのは、

何事もなく授業が終わればいいってこと

私語がなく、問題が起こらなければ100点です。
だって、それ以上のことは期待されていないし、やり過ぎたらいけませんしね。

このノルマ意識が、授業をだめにする原因。

正採からしたら、授業は人間関係をつくり、生徒を育てるためのもの

発想、方向性がまるで違います。
そんな非常勤発想で授業を行うと、自分の授業の方向性がどんどん歪んでしまい、柔軟性を失う原因になります。
そして、つまらない授業をする教員とレッテルを貼られるわけです



5.人を育てる経験を積む

なんで教員が多くの給料をもらえるかといえば、子どもを育てるからです。
だから、大変であり、面白くもあります。

この子育てがうまくいかなくて、色々な事件が起きていますよね。
それだけの価値があるんですよね。
方や、非常勤はただ授業の穴埋めをすればいいだけの存在です。

教員に求められている力は非常勤では育ちません

最低限でも、生徒を育てることが必要


と考えるとなら、臨採をすればぜんぜん違うことがわかりますよね。
1年後に臨採と非常勤では経験の差が歴然になるわけですし、

教育委員会も、そうやって臨採で実績を積む先生の方を優遇したくなる


でも、非常勤だという人は、クラブ活動に参加をしましょう。
そうして、生徒と関わり、何を考え、どう声をかけていいのか、そして1年というスパンでどのように成長するのかを見届けるのです。
そのためには、しっかりと部活動を指導している教員の協力がいるわけです




6.環境が人を育てる

正採から見れば、非常勤は文句ばかり言うただのお客。
授業が多いだの、授業は連続しろ、午前中に固めろってね、何を偉そうに言っているのか、と思われていますよ。
(そもそも、授業ですらまともにできていない人が多いのにね)
戦力でもなんでもありません。

方や臨採は戦力であり、仲間。
だから、声をかけてもらえるし、助けももらえる。

環境が人を育てるといいます。

臨採をすれば苦しいかもしれないけど、そこできちんと成長していくしかないんですよね。
教員になったらそういう毎日が続くわけですから。



終わりに

ゆったりしたいだの、自信がないだの、いろいろと言い訳を付けてもいいですけど、

仮に採用されたら、現場にポンと放り出されるわけですよ。
その準備はできているの?


とも思います。
その時に、非常勤だけでは相当なギャップがあり大変でしょう。
でも、臨採を経験していれば全然違った視点で物事が見れますし、対応ができます。

教師になりたいのであれば、絶対に臨採が近道であるわけです。