tetra塾のシステムを説明します

tetra塾の次回募集は2018年3月です  人気記事

私が運営しているtetra塾のシステムについて説明したいと思います。
2016年12月から運用となっているので、システム変更等は適宜行っていくことがあります。
※ 最新情報に関しては、Synapse上で確認してください



1.利用しているシステム

Synapse(シナプス) – オンラインサロン・プラットフォームというシステムを利用しています。
このシナプスは、元大阪市長の橋下徹さんや元総務大臣の竹中平蔵さんなども利用している、オンラインプラットホームであり、様々なサロンが開設されています。
著名な方も利用しているので、安心して使用していいのではないかと思います。

tetra塾は有料であり、塾生の方はシナプスにお金を支払うという形になります。
入会・退会手続きなどは、システム関連のことはシナプス編集部がとりまとめをしており、私はいじることができません。
私は記事を提供したり、返信をしたりするコンテンツ部分だけを作成しているだけです。




2.tetra塾の目的・考え方

本気で教師力を高めたい人を対象にして、継続的に支援していくことを目的にしています。
その期間は1年間を1つの目安に考えています。

ブログというのは無料で手軽に利用できるものですが、無料であるがゆえに、読者さんがいい加減に読む、都合よく解釈するなどの弊害もあります。
自分の力をアップするために向上するための覚悟が必要であり、その1つのハードルとして有料で運営しています。
自己投資と考えてください。

有料であることに反発があるとは思いますが、無料ブログのように私の気の向くままに運営しているのでは、意図的に継続的に力をつけていくことは難しいです。
それを有料で運営することで、責任を持って、力がつくように計画してやっていくことにつながりますし、そうやって労力を割くのでコストがかかっていると理解してください。



3.コース

1)担任コース

こちらのコースとは、担任力をアップすることを目的にしています。
担任の方はもちろん、教員を目指す学生さんも大歓迎です。

1年間のコースで毎週、担任として押さえておきたいテーマを私が選んでいます。
1週間ごとにテーマを設定し、そのテーマに関する記事を5本投稿します
場合によって増えることもあります。

テーマの内容によっては、「基本週」と「実践週」に分かれることもあります。
基本週では、記事を読みながら自分の実践の振り返りをしてみてください。
実践週では、先週の記事や振り返りを元で、何か一つ新しいこと・改善行動をしてみてください

2週セットのときには、基本を押さえたあとに実践することでより効果が出ると思います。
できるだけ、読むだけは終わらせないようにするのが力アップのコツになります。


2)成長コース

教員としての考え方や在り方を根本的に変えていくコースになります
うまくいかないのは、「うまくいかないやり方」をやっていると考えてください
それはどうしてかというと、根本の考え方がまずいのです

例えるなら、砂糖の代わりに塩を使ってプリンを作るようなものです
本人は塩が正解だと信じ込んでいるので、どうやっても塩から抜け出せずに、うまくいかないやり方を延々と繰り返してしまいます
こういう方は、「砂糖」を使うことで一気に好循環に移ることが可能になっていきます


成長コースでは、「うまくいかない考え方」から「うまくいく考え方」に転換していくことを目的にしています
そのため、参加者さんには、強烈な価値観の葛藤があるでしょう
これを乗り越えなければ、うまくいく教員への道は開けていきません

生徒指導や生徒との人間関係がうまくいかない方にはおすすめのコースになります
ですので、生徒指導や人間関係を基本的にはテーマとして取り扱い、平日5回の記事更新があります
自分を変えていくという明確な意識を持つとうまくいきやすいと思います

関連記事 → tetra塾に「成長コース」を新しく開設します

3)担任+成長コース

担任コースと成長コースの両方の記事が読めるコースです
Synapseのシステムが「1つのコースしか所属できない」縛りがあるので、両方の記事を読みたい人のために設定しています


4.過去記事の扱い

入塾する前の記事は読めません
4月1日に入ったAさんと、5月1日に入ったBさんの場合を考えてみますと、

・Aさんは、4月の記事をすべて見ることができます
・Bさんは、4月の記事は見られません

Aさん、Bさんともそのまま入塾していれば5月、6月と入会後の記事はすべて見ることができます。

こうなると、6月から入った方は4月と5月の内容が見られないので「損だな。今入らないほうがよかったかな」などと思われるかもしれませんが、担任コースでは、1年単位の構成を考えているので、来年の4月、5月まで入塾していると同じような内容を取り扱うので問題はないと思います。
どこから入っても1年間所属ですべての内容をこなすことができると考えてもらっていいです。
もちろん、変更等はあると思いますが、支障がない範囲であると思います。



5.塾生用コンテンツ

塾生だけが見られる記事をブログにアップしています。

彼の教え
塾生-月連載
塾生用

記事はパスワードロックが掛けられており、塾のタイムラインでパスワードをご案内します
パスワードは定期的に変更しますので、わからない場合はタイムラインで「#pass」「パスワード」を検索するか、タイムラインで質問をしてください

塾生用コンテンツは原則として30日間限定です
長編連載の「彼の教え」は4月スタートで3月終了となります


6.質問と対応

テーマや記事について、わからないところはコメントしてください。
説明や補足の記事をアップします。
個人の悩みサポートはついていませんので「今日、◯◯で困ったので助けてください」ということには対応できません。


7.力をつけるために必要なこと

tetra塾は、私が必要だと思われるコンテンツを厳選してお届けしています。
問題はその受け取り方であると考えています。
真摯に受け取るか、それとも、どうでもいいと受け取るか。

それだけで情報の価値は変わります。
そして、教員力を上げる一番のポイントは、自分で行動するかどうかです

行動するときには、

1.何が問題であるかがわかっているか
2.解決のための知識をもっているか
3.行動する方向性は正しいか

といったことが必要になります。
うまくいかない場合には、どれもわからないということがあるのではないかと思います。
tetra塾をヒントにして行動してみてください

行動するときには、「うまくいかなくてもいい」ということを理解してください。
うまくいかない原因を考えて、「やり方を少し変えてまたやればいい」わけです。
そうして、試行錯誤を繰り返して力が身についていくし、現実がうまくいくようになっていきます。

うまくいかなくても、目の前の問題行動を止めることからすればいいのです。
完璧主義になってはいけません。
「問題の根本」「知識」「方向性」を大事にしましょう。


8.2018年4月からは新コースへ

2018年4月からシステムを変更していこうと思っています
※ 既存の一般コース、担任コースなどは対象外です

どういうシステムがいいのかを考えていて、そのための試行錯誤も行っていて、最終決定はまだできていません
そのため、ブログでアナウンスした内容とは違う物が出てくることもあり、それは最終決定後に、募集する段階でお知らせします

9.今後の予定

2018年4月の改編に向けて、現在のコースなどの予定を書いておきます
予定はすべて2018年中です

・3月上旬 → 新コースの募集開始
・3月末 → 一般コース終了
・4月 → 新コーススタート
・9月末 → 担任コース、成長コース、担任+成長コース終了

という予定で、現在入塾している方は、1年間のコースをきちんと終えられるように期間設定をさせていただいています
時期が迫ってきたらシナプス上でも案内を出そうと思います


終わりに

ここまで説明してきましたが、tetra塾に入る必要はありません。
有料ですし、もったいないと思えば必要なんてありません。

私は私の考えで、教員として力をつけるための方法を提案しているだけですから、あなたに合わないのであれば、お互いに縁がなかっただけであり、それはそれで平和ですから。
教員として生きるのはあなたであり、あなたの人生だからです。

あなたはどうやって力をつけようと考えていますか?
それを考えて実践すればいいだけです。

あなたの選択肢の中にtetra塾があるのであれば、一緒にがんばってみませんか?
本気で力をつけたい人を歓迎します!

tetra塾の次回募集は2018年3月です  人気記事